常に自分を疑っていないと、いとも簡単に凡ミスする

先日、仕事で久しぶりに凡ミスをしてしまって、ちょっと凹んでいました。
似たような型式のものがあるので注意していたはずなのですが、うっかりそれを取り違えてしまったようです。
普段から気を付けているはずだし、何回もチェックするタイミングはあったものの、どうして気がつくことができなかったのでしょうか。
こんなケアレスミスをしてしまったのは、もう何年ぶりの話になります。
人間、だれしも完璧ではありません。
コンピューターのようにきちんと電子的に制御されたものなら、極限までミスを減らすことができるかもしれません。
しかし、人間であればミスをするという前提で物事を進めなければなりません。
ただ、今回のことで一つ思ったのは、「思い込み」というものが正しい判断をするのに、大きな妨げになるということです。
「合っている」「間違っていない」という風に思い込んでいると、せっかくのチェックでも間違えにも気が付くことができません。
常に何事も疑ってみるというのはけっこう大変なことなのですが、そういう気持ちがないといけないなと反省しました。ミュゼ 100円 脱毛

常に自分を疑っていないと、いとも簡単に凡ミスする